作業効率化を図るならこれ!人事給与システム・会計制度ランキング

TOP > 人事給与システムの会計制度について > 人事給与システムはどの制度に基づいたものか

人事給与システムはどの制度に基づいたものか

 世の中には法律があり、法律によって厳しく規制がされている部分もあります。企業活動も自由に行えるわけではなく、一定の法律に従って行う必要があります。多くの場合、事業内容自体は特に規制されないこともありますが、事務的な処理は法律に基づいて行う必要があります。企業活動で生じた利益に関しては所得となるので、法人であれば法人税が課されます。その申告をするためには、会計制度に準拠した処理を必要とします。この時には会計システムを利用することが多いようです。会計に関する法律や仕組みなどは比較的変動が大きく、システム変更も毎年少しずつあるとされています。会計業務以外にも法律に準拠しなければいけない事務処理があります。従業員に支払う給料は、税金や社会保険料が源泉徴収される必要があります。

 給与関係では、人事管理も必要になります。こちらは労働基準法などの関連法によって規制がされているので、時間外手当の計算や休日や有休管理の付与なども守る必要があります。企業としては、管理のためにいろいろなシステムを導入することになりますが、人事給与システムに関してはどの制度に基づいたものにするかを考える必要があるでしょう。一般的には、人事系の労働基準法であったり、給与に関わる所得税や社会保険に関する法律に基づいたものとされます。ただ、会計システムとの連携が強いシステムでは、会計制度に合わせて作ろうとすることがあります。業務システムを提供する会社でも、一応人事給与システムも持っているが、メインは会計システムのことがあります。となると人事管理が十分に行えないこともあります。

 給料の計算をして、それを会計システムに取り込むだけであれば会計制度に準拠したタイプでも良いでしょう。より人事管理、労務管理に重点を置いたシステムを使いたいなら独立したシステムを使うことも考えないといけません。また、提供会社によっては、会計システムよりも人事給与の管理に強いところもあります。会計との連携はあまり得意ではないけども、人事管理は最新の仕組みを持っているなどであれば、人事を優先的に考えたシステムの導入をすることができるでしょう。提供会社から提案を受けるときに、人事管理部分で何をしたいのか、どこまで行いたいのかを伝えれば、それができるシステムの導入ができるよう進めてくれます。何も伝えないと、人事の管理があまり得意でないシステムになるかもしれません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP