作業効率化を図るならこれ!人事給与システム・会計制度ランキング

TOP > 人事給与システムの会計制度について > 人事給与システムの情報を会計で利用する方法

人事給与システムの情報を会計で利用する方法

 会社の経理の計算をするとき、売上や経費の集計を行います。売上は商品を販売したりサービスを提供した時に発生します。経費は仕入れや人件費の支払い、その他の業務に関わる活動における支払いなどになります。人件費は各社においてかなりの割合を占めることがあり、経費が多いか少ないかの管理でも重要になっています。会計制度に準拠したシステムと連動して人件費を管理すれば、前年よりも多いのか、売上に比べて比率がどうなっているのかなどを把握することができます。これまでは、人事給与システムのデータは給与そのもののみが多かったようです。仕訳をするためのデータで、人件費に関わる情報の授受を行っていました。しかし、人事給与の情報にはそれ以外の情報もたくさんあります。それを利用することで、管理しやすくなる可能性があります。

 各企業では、いろいろな管理を行いたいと考えています。会計や給料は、これまでは発生した結果を出すだけでした。後で多かった、少なかったがわかる為、管理するのには適さなかったようです。管理目的に使うときは、単に結果を出すだけでなく予測のための情報を作ったり、比較のための情報をよりきちんと出すのに使われることになります。まずは給与管理システムでは、それぞれの人ごとの給料の金額が分かります。それによって経費の配分などができると、より管理しやすくなるかもしれません。その他、労働時間が分かるかもしれません。給料と労働時間はある程度は比例するでしょうが、固定部分と変動部分があるときれいに比例はしません。となると、給料以外の情報を使うことでより正確に管理データが作成できる可能性があります。

 経費の配賦に人事給与の情報が使われれば、部門の業績管理がしやすくなります。業績管理ができれば今度はそれを再度給料に反映させる考えも出てきます。給料には、仕事量と比例しない固定的な部分と、売り上げなどによって比例する変動部分があります。曖昧な管理データで決められていた変動的な給料が、より明確なデータで決められるようになるかもしれません。人事給与システムと会計システムにおいて、一方的にデータが流れるのではなく、相互にデータのやり取りをしながら経営に役立てる仕組みができるようになります。同じメーカーのシステムであったり、相互にやり取りするのを前提にしたシステムであれば、使いやすくなります。システムを導入する時には、どんな使い方をするかで、同一メーカーがいいか別でもいいかを決めないといけません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP