作業効率化を図るならこれ!人事給与システム・会計制度ランキング

TOP > 人事給与システムの会計制度について > グループで管理することができる人事給与システム

グループで管理することができる人事給与システム

 会社組織にはいくつかの形態があります。一つは他との資本関係のない独立系の企業になります。それ以外として、他社と資本関係を持つ会社です。100パーセント別の会社が保有していることもあれば、会社の経営年を得る最低限のみ保有している場合、経営権をとるほどではないが、取引上一定の関係を維持するために保有していることもあります。普通の社員は、ある一つの会社に所属してその会社で仕事をして給料を受けます。それが評価されて昇進をしたりすることもあるでしょう。日本では、特に問題がない社員を一方的に会社が解雇することは法律上難しいとされています。ただ、従業員側から会社を変わることは自由に行えます。転職をして、キャリアアップをする人は多いです。企業としては優秀な人材を維持しなければいけません。

 企業が人の管理を行う時に利用するのが人事給与システムになります。元々は給与計算を主に行っていたシステムですが、近年はより人事管理部分に重点が置かれています。給料とは直接関係のない、従業員の個人的な情報なども管理できるようになっています。この情報が充実していれば、会社内での配置転換などがしやすくなります。人はどんどん年齢を重ねますし、経験も積んでいきます。今と同じ人事構成が永遠に続くわけではありません。変化に対応した人事管理をしていく必要があります。大企業であれば、一つの会社内でも多くの優秀な人材がいるので、その人たちを社内で登用しながら教育などができます。しかし、中小企業などは必ずしも人が十分でないこともあります。そこで必要になるのが、グループでの管理になります。

 会計制度においては、グループ間では連結決算を行ったりするために統合する仕組みなどが整備されています。人事管理に関しては、特に行われていません。最近は、持ち株会社の仕組みをとるグループ会社が多くなり、事務的な管理を専門的に行う会社が中心にあって、他の会社葉中心会社にぶら下がって業務を行うことが合います。持ち株会社自身はそれほど従業員はいませんが、グループ会社全体の人事情報を把握しています。これによって、グループ間での人の行き来が可能になります。中小企業に人材がいないとしても、無理に外部から来てもらうことなく自社内のグループ内にいい人材がいれば来てもらうことができます。従業員にとっても、やりがいのある仕事をするためにグループ会社に出向をするなどを申し出られるようになるかもしれません。

カテゴリ

PAGE TOP