作業効率化を図るならこれ!人事給与システム・会計制度ランキング

面倒な人事管理を一発で解決する

人事システムには様々な種類があり、採用管理・人事評価・給与計算・人事労務などがあります。経営に必要な要素であり、業績が左右される事柄です。その中でも人事給与システムにフォーカスします。勤務している方にとって給与の管理は非常に重要です。

システム自体が会計制度に基づいているので、問題なく管理をしてくれます。システムは多数、存在しており、紹介されています。インターネットのサイトで調べてみるとわかりやすいです。その中でも人気の順でランキングされています。

ランキングでは月間ランキングと年間ランキングというように分かれているので、定番のランキングから最近のランキングまで紹介されています。無難なところでは最近のランキングを参考にすると間違いはありませんが、経営環境によっては定番のシステムの方が合っている場合もあります。

ZeeM

  • レーダーチャート

    5

会社によっては人事データと給与データを別々に管理しているところもあるかもしれません。ZeeMの人事給与システムでは人事と給与を完全統合しています。どちらかを変更すればそれぞれに反映されるので、二重入力などがありません。

人事異動のために人事部で情報を見たり、各部署の責任者が人事情報をチェックしたいなどの要望があるかもしれません。ZeeMは人事情報を活用しやすい人事給与システムになっているので、より人材の活用を進めることができます。

各部署でそれぞれ業務を行うより、連携することでより行いやすくできる場合があります。ZeeMは人事給与システムの他に会計制度に対応した会計システムもあります。どちらも導入することでより効率化を図ることができます。

SuperStream(スーパーストリーム)

  • レーダーチャート

    4

SuperStream(スーパーストリーム)では、人事給与システムであったり、会計システムなどを提供しています。人事給与業務や会計業務は複雑であり、システムで管理や計算を行わなければスムーズに業務をこなすことができません。

SuperStream(スーパーストリーム)は、ソリューションが充実しています。人事管理や給与計算、支払管理、固定資産管理などの様々なシステムがありますので、各種業務に対応できます。また、会計制度は日々変わっていきますが、すぐに対応し、アップデートしてくれますので、業務に支障が出ることはありません。

会社毎にシステムで行いたいことが異なっていたり、仕様を自社に合った形にしてもらいたいなど、様々な要望があります。それらの要望にも応えてくれますので、効率的な業務ができます。

ICSパートナーズ

  • レーダーチャート

    4

人事制度は会計制度とは異なり、企業独自に運営する部分も多くなります。ICSパートナーズの人事給与システムでは、それぞれの企業の人事制度や給与体系にフィットしやすい汎用性があります。柔軟な対応が可能になっています。

人事情報には、給料に関する情報の他家族の情報や連絡先の情報があると助かります。ICSパートナーズの人事給与システムでは、人事情報が一元管理できます。ばらばらに管理することなく、安全に個人情報を保管することができます。

給与計算は、社会保険や税法、労働基準法などいろいろな法律に準拠する必要があり複雑になっています。ICSパートナーズが提供する人事給与システムは複雑な給与計算も可能です。計算設定を自由に行うことができます。

GCC

  • レーダーチャート

    3

GCCでは、人事給与システムに関するサービスを提供しています。このシステムでは、データの一元管理が可能になっています。業務ごとにデータを管理していると様々な支障が発生しますが、一元管理で業務の正確性や効率性が高まります。

また、様々なシステムとの連携により高度な業務が可能になります。財務会計システムとの連携も可能ですし、システム構築によって他社のシステムとの連携も柔軟にできますので、高度で便利なシステムになっています。

人事給与システムで最も重要と言っても過言ではないのが、会計制度改正時の対応です。この会社であれば、柔軟で迅速な制度改正への対応ができますので、問題が発生することはありません。

オービック

  • レーダーチャート

    3

人事制度は会計制度とは異なり、非常に多くの人事情報の元で管理されます。オービックの人事給与システムでは、非常に多くの人事情報を設定できるので、各項目の管理がしやすくなっています。細かい人の管理に役立ちます。

コード管理は便利ですがあまりありすぎるのも困ります。オービックの人事給与システムはコードレス管理ができるようになっています。社員番号はコード化されていますが、それ以外のコードを省き、操作性を高められるようになっています。

人材活用では、自社の情報だけでなくグループ会社の情報もあった方がより効率的な人材配置ができます。オービックの人事給与システムは、自社の情報だけでなくグループ会社の情報も検索できる仕組みを搭載しています。

株式会社東計電算

  • レーダーチャート

    3

大きな会社になるほど多くの業務や職種があります。すると、それぞれ毎に給与体系が異なることもあります。株式会社東計電算の人事給与システムは会計制度とは異なる人事制度のためのシステムを導入することができます。

給料データは、社員などは毎月入力する項目は少なく、アルバイトなどは多くなります。株式会社東計電算の人事給与システムでは、社員ごとにデータの自動入力、一部入力、オール手入力などを設定することが可能になっています。

一人に適用される基本給は一つでしょうが、候補額はいくつかあるでしょう。株式会社東計電算では、人事給与システムにおいて一人に複数の基本給を設定した計算が可能です。シミュレーションをしながら給料を決めることができます。

人事給与システムはワークシェアリングへの対応

会社においては、一定量の業務があります。そしてそれを行うための従業員がいます。業務量と従業員の数がぴったりなら、効率的な経営ができると言えるでしょう。各従業員は残業や休日出勤等する必要なく、自分の業務に専念できる状態です。しかし実際には業務量と従業員の人数をぴったりにすることは難しいでしょう。特に日本では従業員の数が多い時に解雇がしにくい仕組みになっています。海外で行われているレイオフのように、一時的な調整などを行うのが難しいです。そこで考えられるようになったのがワークシェアリングの考え方です。その名の通り仕事の分かち合いを行う考えになります。一つの仕事を一人で行うのではなく、複数人で分けるように行うと、忙しい時でも業務量が少ない時でも調整がしやすくなります。

実際にワークシェアリングを行おうとすると、そう簡単には行えません。そこで利用が進められるのが人事給与システムの導入です。これまでの給与のシステムは、会計制度や労働基準法など法律に準拠するタイプが多くなっていました。事務的な手続きをするのに適していたといえます。これからは、より従業員の個別の情報管理が必要になります。ある業務を行える従業員として誰がいるのかを把握できれば、その人が足りないところに配置ができます。過剰になっているときは、他の業務ができる人には他の部署に異動してもらって過剰な状態を解消することができます。業務経験が少ない人がいるのであれば、経験のための配置転換をするなどが計画的に行えます。人材をうまく配置して、忙しい時にも忙しくないときにも柔軟に対応します。

これからはどんどん人口が減少するといわれているので、従業員の数も減ってきます。従業員の働き方も変化する可能性があり、育児や介護をする人などをうまく活用しないといけなくなります。この時にも従業員の情報をうまく管理できていれば、適切な対応ができるかもしれません。この人しかこの仕事はできない状態になっていると、企業としても困るでしょう。雇用形態別の管理も行いやすくなる可能性があります。正社員だけでなく、契約社員やアルバイト、会社には所属しない派遣社員などの管理も行えるようになれば、適材適所に人材を配置しやすくなるでしょう。大企業では少しずつ導入が始まっていますが、中小企業でも導入が始まっています。コストをあまりかけずに管理ができるよう、会計システムなどと同時に導入することがあります。

カテゴリ

PAGE TOP